夏のファッションで露出するとき

夏のファッションで露出するとき

夏場でショートパンツやノースリーブを着ると、どうしても黒く点々となる剃った後の毛が気になります。ツルツルのはだに憧れますが、寒冷蕁麻疹のためことわられる事が多く、時間もかかるため断念しました。冬場だからといってムダ毛の処理に気を抜いてしまうといけないのでこれから秋にかけてもしっかり気をつけます。他にも彼とのセックス時に気になったり、長期の旅で処理がなかなかできない時。周りの子の肌がきれいなとき。もでるさんなどに憧れます。友人と温泉に行く時。剃刀負けなど沿って肌が荒れてしまう時。

剃刀負けなど沿って肌が荒れてしまう時。また毛が肌に埋まってしまう時。自分の腕を触った時にざらざらとチクチクと毛が痛いとき。もっとつるつるで色白、胸毛のないすごくきれいな肌になりたいです。特にすねげや二の腕のけがすごく気になります。ないよりもある方がいいものの方が多いと思いますがむだけはないほうが絶対にいいので行機会があれば脱毛したいです。

季節外れのTシャツ

季節外れのTシャツ

春や秋、Tシャツを着るのには肌寒い時期は、脇の下のケアも怠り、人には見せられない状態のことがあります。夏の間は、脇の下は人に見られても、バッチリの状態なのですが、ダメですね。ですが、季節外れの時期でも、急に暑くなりTシャツ姿になることがあります。そんな時期には、脇の下のケアなんて、すっかり忘れてしまっている状態で、ただ暑いという気温変化だけに頭がいってしまい、Tシャツを着て出かけてしまうことがあります。脇の下の毛のことに気が付くのは、いつも出かけてからで、対処しようがありません。

ひたすら脇を見せないようにして、脇の下をしめています。電車のつり革にもつかまらないで足を踏ん張り、友達と待ち合わせをしても手を振ることもしません。頭の中は、脇の下の毛のことでいっぱいで、会話も楽しむことが出来ません。おっちょこちょいの私が、こういった状況でいつも思い、反省するのが、脱毛しておけばよかったという、後悔です。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ