痛い、何度もお店に通わなければならない。

痛い、何度もお店に通わなければならない。

脱毛サロンについて、未体験である私が一番にイメージするのは「痛そう」ということです。一昔前まで、脱毛に使用するレーザーなどの機器は「痛かった」という感想を聞くことが多かったように思います。現在は技術や科学が進み、痛さは軽減されているのかもしれませんが未だに根強く残るイメージだと感じます。また、痛さの他に「何度も通わなくてはならない」という印象もあります。一度では完全に毛を取りきることは出来ず何度も何度もお店に足を運ばなくてはならないのが煩わしいです。女性の場合、足や脇、また他人に見せるのは恥ずかしいような場所を見せなければならないので何度も繰り返さなくてはならないのはとても苦痛に思います。

知人の女性は脱毛を経験してる方が多く、特に夏場などはお勧めもされますがそのような部分がネックになり未だに体験したことがありません。「痛い」「何度も通わなければならない」この二つのイメージがなくなるようなサロンが今後出来れば是非経験してみたいと思います。

お金が初期費用よりたくさんかかりそうなイメージがあります。

お金が初期費用よりたくさんかかりそうなイメージがあります。

脱毛サロンは最近では安い費用で広告が出されていますがやはりそれは最初だけで実際に通い始めるといろんなことを言われ勧められて契約して通わないといけないっていうプレッシャーがあって断りづらくお金がどんどんかかってしまいそうという勝手なイメージがあります。エステサロンと同じようなイメージです。脱毛した後はお肌が荒れたりしやすいのでお手入れもしないといけませんよと聞いていないお手入れ用の化粧品を勧められたりしそうだなというイメージが強いです。安い脱毛サロンでは脱毛しても、その場だけで少し時間がたつとまた生えてきそうだなとかいうイメージもあります。

自己処理しようと思えばできてしまうことなので、芸能人やセレブな人が行うイメージがあります。通うにも自分のコンプレックスをさらけ出さないといけないので恥ずかしい気持ちが強くスタッフの人たちに陰で何か思われたり言われているかもしれないという不安もよぎります。通うには敷居が高いなという印象がサロンという言葉についてしまっています。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ