痛いイメージ

痛いイメージ

脱毛しようと思った瞬間は彼氏とデートをしているときや、夏に海へビキニで行ったりしたときです。彼氏とのデートはやっぱりスカートですよね!私は膝から下の毛が他の女性より濃いかったので、スカートをはくのが嫌でした。しかし、彼とのデートとなればスカートにも挑戦したいと思い、チャレンジしてみたのは良かったのですが、やはり毛の濃いさが気になって仕方ありませんでした。海でもビキニを着ることに抵抗があり、いつもパラオみたいなものを着けて海へ行っていました。

私はキレイな足になりたかったので、その後、脱毛をすることに決めました!私がやったのは電気脱毛で、とてもチクチクと痛かったけど、結果的には足も脇もツルツルになったので、とても満足しています!人それぞれにある毛周期などで時間はかかりましたが、今では自身をもって水着を着ることができています!今もまだ続行中ですが、最近はビキニラインも治療しています!脱毛に少し抵抗はありましたがよかったです!

いつも綺麗にしておくべきことだとイメージしています。

いつも綺麗にしておくべきことだとイメージしています。

私が脱毛したいと思うときはいつもなのですが、特に思うときはデートのお誘いが急にあった時に思います。「今からデートしよう」と誘われた時はいつもドキッとします。何にそんなにドキッとするのかと言いますと。自分の無駄毛が気になるのです。結構自己処理には時間と手間がかかります。本当に綺麗にしたつもりでもどこか剃り残しがあったりして、その度に残念な気持ちになります。それをプロの手にお任せしてしまい、その悩みから解放された瞬間を想像すると私は脱毛をプロにお願いしたい気持ちが高まります。これがもっと楽だったら良いのにとか、いつも何もしなくても綺麗な肌だったらどんなに気分が晴れるだろうと思います。

私が美容院に行って髪を切ってもらっている時に、美容師さんが脱毛についてある話をしていました。その美容師さんは男性なのですが、やはり女性の身だしなみとしてきちんとすべきであると仰っていました。それが出来ていないと、幻滅してしまうそうです。そのような話を聞き、私は常に綺麗な肌の状態を保ち、清潔感を与え、潤いのある肌でいたいと常に思うようになりました。私が女性であるということを忘れない限り、きちんと脱毛して綺麗であるべきだと思っています。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ