脱毛は痛いというイメージ

脱毛は痛いというイメージ

若い頃は、毛抜きや脱毛クリームで自己処理していました。しかしその姿が悲しいこと、そして永遠続けるのかと思うと気が遠くなるということから、永久脱毛を決めました。とはいえ、私の頃はレーザー照射による永久脱毛が最先端&主流で、やけどの事故も多かったり、何度も行かなくてはいけないという事で、なかなか踏み切れませんでした。しかし、35歳ごろになって急に脛部分の皮膚が荒れ始め痒くてしょうがなくなってしまいました。そこで決意!レーザー脱毛をしてみることにしました。

やはりレーザーが当たると少々痛くて、パチパチという音が怖かったのですが想像の範囲内で、意外といけると思いました。しかし、3回目くらいでしょうか?雨の日に行ったところ、いつもよりとても痛くて帰ってみると足にたくさんの照射器具の形に火傷の跡がありました。病院に行くほどではなかったのでそのままにしていましたし、今は跡も残っていないのでそのままにしていますが、もし気候によりそのような事が起こるなら、もう少し考えてほしいと思いました。その後、3回ほど行きましたがそのような事は無く、今では処理もしなくてよい、らくちん快適な日々を送っています。

ネイルサロンで、ネイルのアップ写真を取られる時、指毛が気になる

ネイルサロンで、ネイルのアップ写真を取られる時、指毛が気になる

ネイルサロンでジェルネイルをしてもらったら、お店の人に「かわいくできたので写真を撮らせてください。当店のブログに掲載したいので良いですか?」といわれました。ジェルネイルは満足の行くデキだったし、自分でも綺麗な手になったし、女子力アップしたし、ちょっと誰かに自慢したいなーとも思ったので了承しました。造花を持ったり、クリスタルを添えたり、いろんなポーズでモデルさんになったようないい気分で撮影はすすみ、撮影が終わるとその場でデジカメのプレビューで確認し、自分結構イケてるなーと満足でした。

だが、しかし、…後日、撮られた自分のネイル写真をそのお店のブログでみました。確かに綺麗な爪でした、色白に補正されていて、気持ちスリムにも修正してくれていたのかなー、一見とても美しく出来上がっていましたが、拡大画像に映り込む、黒いヤツ、、指毛でした。自分のユビゲの逞しさに「男か??!! 熊か!?」と衝撃を覚えました。小さなところまできちんとお手入れしとかなきゃなーと、指の脱毛がしたいと思った瞬間でした。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ