通ってみたいけど恥ずかしい

きれいな女性スタッフがいるサロン

ふつうより美容に気を遣っている人がいるところ、というイメージがあって、友達などに脱毛サロンに言っているというのは少し恥ずかしいなと思います。モデルさんみたいにとくべつ綺麗でなくたって、とくべつ見た目に気を配っていなくなって、毎日のムダ毛処理は面倒くさいし、ワキのような処理の難しい部位は人目も気になるんですけどね…。最近は信じられないくらい安い値段を看板に出したサービスなんかもあって、余計に料金体系が不透明に感じられることもなんとなくハードルが上がってしまう要因になっているように感じます。

どれくらいのお金や時間がかかるのか明確になって、かつ「みんな行ってる」ものになれば、自分にも行きやすいだろうなあと思います。ムダ毛の生えない女の子なんていないし、それが気になるのもみんな同じなんだから、脱毛サロンも若い女の子のスタンダードになるような時代が来れば、わたしも内心ホッとしながら行ってみたいです。

無駄毛処理の手入れが楽なイメージ

私自身はむだ毛で悩んだ経験が少ないので、脱毛サロンとは無縁でした。もっとも若い時代には、こんなサロンは無かったように思いますが、悩んでいないのですから知らなかったのかもしれません。初めて耳にしたのは、友人の娘さんが毛がとても濃くて「脱毛にお金が掛って大変」と言う話しを聞いたときです。詳しくは聞きませんでしたが、20年以上も前の話ですが、脱毛専門の店はあったのでしょう。ただ脱毛は非常に高価で、余裕のある人しか通えなかったのでしょうか。

脱毛してそのときはきれいになっても、直ぐにまた生えてくるので何回も通わなければならないとか…現在のような効果抜群の機械がなかったのでしょうから、一時はキレイになっても生えてくるのでは厭ですよね。最近では非常に安価で、しかも多くの脱毛サロンが展開しているようですし、しっかり毛の周期についても説明してくれて、何ヶ月毎に通うことも納得して利用できるようで、友人の娘さんのように嘆き悲しむことは少なくなったのでしょう。街を闊歩する若い女性たちは、とてもキレイな肌の人が多いのは、脱毛サロンのおかげなのでしょうか。夏が近づいて薄着になると、露出部分が多くなるので、気になる方は多いのかもしれません。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ