悪質な脱毛サロンの見分け方のポイント

悪質な脱毛サロンの見分け方のポイント

現在、脱毛サロンは全国に数えきれないほどあります。適正なサロン運営をしているところがほとんどだとは思いますが、中には悪質なサロンもあるのが現実。良いお店を選ぶ時に施術にだけに関心がいきがちですが、施術以外にチェックすべき項目はたくさんあるのです。誰でも簡単にチェックできることなので、ぜひ参考にしてくださいね。1.清潔かどうかサロンは本来、お客様をおもてなしする場なので、清潔感が見受けられないというのは、あってはならないことです。受付の近くにお菓子の食べカスやゴミがたくさん落ちていたり、髪の毛やホコリが部屋の隅にたまっていたという話も耳にします。

このような不潔な場所でも何とも思わないスタッフなら、脱毛に使う器具に対しても清潔にしようという意識がないことは簡単に想像できますよね。清潔でない器具を使い回せば、肌のトラブルや感染症が起きることにもなりかねません。サロンは清潔第一です。2.料金設定がハッキリしていない電話で問い合わせた時や広告に掲載されていた料金と、実際に契約時の料金が違う場合は悪質サロンの可能性が高いです。なぜ料金が違うのか問いただすと、「本日、料金の改定をしました」というような言い訳をしてくるサロンもあるそうですよ。

悪質な脱毛サロンの見分け方のポイント

「料金が高いから契約できない」と伝えると徐々に金額を下げてきたり、酷い場合は半ば監禁状態で契約を迫ってきます。このように追い詰められると大半の人は契約をしてしまうと思いますが、それが悪質サロンの狙いなのです。でも、もし契約してしまっても、契約書が交付されてから8日以内であれば、クーリングオフは認められるのでご安心を。契約時にはクーリングオフや中途解約の説明をしっかりしてもらいましょう。3.次々に強引な契約をせまる断ればそれ以上強引に契約を迫らないサロンだと安心ですが、そうでないところも多いようです。

さらに、大丈夫そうだと思って契約したものの、それから間もないのにケア商品や化粧品、下着などの契約を次から次へと勧めてくるお店は要注意です。エステ等では中途解約も可能になりましたが、化粧品やサプリメント、下着などの関連商品は契約解除をしても使用料に相当する金額を支払わなければならなくなるので注意が必要です。契約時にはサービスを提供する期間、内容、金額などがきちんと記入されているかチェックしましょう。またクーリングオフや中途解約について、しっかり説明してくれるかどうかもサロン選びのポイントです。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ