予約前日にお酒を飲んでしまいました

予約前日にお酒を飲んでしまいました

脱毛エステサロンから、脱毛の前日にお酒を飲むことを控えてもうらうようお願いされることがあります。お酒と脱毛、関係ないのでは?と思われるかもしれませんが、実はかなり重要なことなんです。お酒を飲むと、血流が促進されて体温が上がりますよね。体温が高温のまま脱毛施術をしてしまうと、通常の場合よりも施術後に赤みやかゆみ、腫れなどの肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。

普段は脱毛でかぶれるようなことがない肌質の人でも、飲酒の影響でかゆみや赤みが生じてしまうこともあります。また、過度の飲酒は体の水分を減少させる作用もありますが、水分の少ない肌の状態ではかゆみなどが悪化してしまう可能性もあります。血行が良い状態や体温が上昇している状態が続き、脱毛した部分が十分に沈静化されないことでかゆみや赤みがなかなか治らないこともあるようです。

予約前日にお酒を飲んでしまいました

そういったこともあり、脱毛前は飲まないようにと注意事項に書かれているのです。体内に取り込んだアルコールが分解されて体温が正常になるのは、数時間かかります。缶ビール1缶程度だと女性でも3時間程度で分解されますが、飲む量や体格、またはアルコール度数によってさらに時間がかかることがあります。お酒が弱いという人なら、さらに分解する時間がかかります。このようなことから安全性、肌トラブルなどを考慮するうえでも施術前後のお酒は禁止しているエステが多いですね。

もちろん飲酒をしても何も変わらないという方もいますので一概には云えませんが、お酒を飲んだあとに顔が赤くなりやすい方は、特に注意が必要です。もし飲酒してしまった場合は、早めにキャンセルの連絡をしましょう。飲酒を避けなくてはいけないのは、脱毛前だけではありません。脱毛直後は肌が軽く炎症を起こしたような状態になっているので、お酒を飲んで体温が上がると、さらに炎症が強くなってしまいます。脱毛後は素早く炎症を取り除いてあげなくてはいけませんので、当日は我慢しましょう。肌の調子が落ち着いてきたなと思ったら飲酒を再開してもいいですが、様子を見るためにも少量から飲み始めた方が安心ですね。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ