傷が少しあるんだけど脱毛出来る?

傷が少しあるんだけど脱毛出来る?

どのような状態でも全ての方が脱毛を受けられるわけではなく、施術を断られるケースも存在しますよね。「傷がある場合」も、その傷周辺の施術は難しくなります。多くの脱毛サロンで採用されている「フラッシュ脱毛」は、メラニン色素(黒色)に反応する光をあてることにより毛根にダメージを与え、脱毛を促進する方法です。この黒色に反応するという働きがあるため、傷跡が色素沈着を起こしている場合、傷跡にもその光が反応することになりますので、火傷などの肌トラブルに繋がる可能性が充分あります。

こういった事態を避けるために、どんな大きさであろうと傷がある部分の施術は行っていないサロンが多いです。傷があるからといって、部位全体の施術が全て出来ないわけではありません。専用の保護シールなどで傷跡を隠し、その部分を避けて施術することが可能です。脱毛したい部位にほくろがある場合も同様です。傷跡が治ってしまえば施術可能であるサロンが多いです。

傷が少しあるんだけど脱毛出来る?

カミソリで少し切れた程度の小さな傷であれば、施術前に完治してしまう可能性も高いので、それほど心配することもないでしょう。しかし、現段階で傷またはその跡が残っているのであれば、カウンセリング時に相談して対応を確認しておくと安心です。くれぐれも当日になってやっぱり施術できないなんて事態にならないようにしましょうね。また、脱毛期間中に傷ができてしまった場合ですが、こちらも傷の状況によっては施術できない場合があります。

作ったばかりの傷、シールで保護できないような広い範囲の傷は施術自体断られる可能性がありますので、なるべく早めにサロンに連絡して対応を確認するようにしましょう。女性はデリケートな肌をお持ちの方が多いです。いくら厳重に注意していても、気付かないうちに傷を作ってしまうことってありますよね…。こういったイレギュラーな事態に陥っても、親身な対応をしてくれるようなサロンを選ぶようにしましょう。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ