施術前のジェル不要だと痛くない?

施術前のジェル不要だと痛くない?

多くの脱毛サロンでは、施術前に脱毛したい個所へ専用のジェルを塗布します。一回でも脱毛経験のある方や、エステのサイトなどで施術の画像を見たことがある方はきっとご存じですよね。この施術前のジェルは、脱毛には欠かせない肌の保湿と冷却という役割を担っています。肌の水分量が不足している状態で施術を行うと、脱毛マシンが毛根にダメージを与えるため発する熱によって、様々な障害が生じるのです。

例えば、通常より痛みを強く感じたり、ヤケドや肌荒れの原因になってしまうこともあります。こういったトラブルから肌を保護するために、ジェルを塗って下準備する必要があるのです。しかし、ジェルを使用しない脱毛サロンも存在します。ジェルが無くても施術を行える理由は、使用する脱毛マシンに冷却機能が備わっているからです。そのため、ジェル無しでも熱さや痛みを最小限にして施術することが可能なのです。

施術前のジェル不要だと痛くない?

他に、ジェルが無くても施術ができる脱毛法として、アイスノンのような冷却材で肌を冷やす方法がありますが、このタイプはトラブルが多いいので、少し注意した方が良いでしょう。何故なら、人の体温は個人差があり、肌が充分に冷えるまでの時間はまちまちなので、エステティシャンの判断が間違っていると肌が冷えていない状態で施術を受けることになり、ヤケドなどの肌トラブルに繋がるからです。高性能の冷却機能付き脱毛マシンもありますので、一概には言えませんが、ジェルを使用しない脱毛法の方が痛みが強いという声が多いようです。

「べたべたするといった不快感が無い」「施術時間が短縮できるのでよりスピーディーに脱毛ができる」など、ジェルを使わないことによるメリットももちろんあります。ジェルを使用していても、ジェルがぬるかったり、ケチって薄く塗ったりしているような酷いサロンも存在しますので、無料体験やネットの口コミなどを上手く利用して、自分に合ったサロンを見極めたいですね。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ