ひざ下の永久脱毛でツルスベに

	忘れられていた!

ひざ下の永久脱毛をして、毛耕性苔癬がきれいになくなりました。中学生の頃からずっと毛耕性苔癬(サメ肌と言われるザラザラぶつぶつ肌)がふくらはぎにあり、嫌でたまりませんでした。もともとムダ毛も濃く太かった為、1日置きにカミソリで処理しないといけないので大変でした。肌のぶつぶつがひどくなり病院に行ったこともありましたが、大人になれば消えると言われ、すぐに治る治療法も薬もないと言われたので、もう自然に消えるまで何年も待つしかないと思って諦めていました。

20代になり、周りの友達が脱毛サロンに通っているという話を聞く事が多くなり、私も通いたいと思うようになりましたが、毛耕性苔癬でも脱毛できるのかわからなかったので、クリニックに問い合わせてみたところ、一度カウンセリングに来ませんか?と言われ、どうせブツブツがあるかえら脱毛はできないかもしれないけどと思いながらとりあえず行ってみることにしました。カウンセリングでは、気になる事や不安に思っていることを親身に聞いてくれて、意外に毛耕性苔癬で悩んでいる方が多いということがわかりました。
カウンセリング後、施術を受けることにしました。今では二度とムダ毛が生えないのに加え、嫌でたまらなかったブツブツ肌が嘘のようにツルスベになりました。とても嬉しい体験でしたので、脱毛して本当に良かったです。”

	¥1000で12回脱毛コース

その昔、レーザーがまだメジャーでなかった頃、脱毛と言えば 針を毛穴に刺して焼くというのが主流でした。私は脇とVIOをやりましたが、大変痛く悶絶とはこの事だと若い私は思いました。とにかく毛穴という毛穴から変な脂汗が流れ、いちいち針が刺されるたびに、うぅ!と声を出し体もじっとしていられませんでした。VIOに関しましては我慢出来たものではなかったです。サロンに行く日が近づくと夢にうなされる程でした。なぜ大金を払ってまでこんな痛い思いをしないといけないのか?とそもそも自分が綺麗になりたくて脱毛をしたのにも関わらず、こんな事を思い出しました。

結局脇は苦しみながらもほぼ綺麗になりましたが、VIOは途中で挫折をしてしまいました。その数年後、レーザーが主流となり価格もかなりお安くなっておりましたので、過去に挫折をしてしまったVIOを綺麗にしてもらいました。最初噂などで、痛いと耳にしておりましたので、覚悟を決めて挑んだのですが、なんて事は無いあの針の痛みを思えば、蚊にでも刺させたぐらいの感覚でした。今の若い人は良いですね。安くて安全な脱毛が出来るので、もっと早くに開発して欲しかったです。”

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ